おすすめキャッシング

▼おすすめ業者選び▼
消費者金融 比較
モバイルサイトはコチラ

消費者金融 比較
モバイルサイトはコチラ

消費者金融|キャッシング|銀行|融資|借入|金融|お金|現金|資金|返済|借金|支払い|入り用|キャッシュカード|クレジットカード|審査|保証品|無審査|ブラック|信用情報|個人情報|インターネット|ATM|金利|年利|利息|無利息|年率|実質年利|実質年率|低金利|高金利|給料日|引き落とし|遅延損害金|催促|取り立て|悪徳|詐欺|ヤミ金|闇金|電話|在籍確認|申し込み|甘い|過払い|債務整理|借り換え|貸付|残高|総量規制|貸金業法|出資法|利息上限法|口コミ|評判|無職|フリーター|アルバイト|専業主婦|サラリーマン|学生|年収|住宅|不動産|担保|自動車|ローン|

相互リンク集

Bookmark

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.12.25 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    申し込みブラック

    0

      申し込みブラック

      申し込みブラックとは、決して、ブラックリスト入りしてしまった人のことを言う訳ではありません。あくまで、申し込みをし過ぎて、一時的にマイナスイメージが付いてしまっているだけです。

      消費者金融や、銀行キャッシング、ローン、クレジットカード申し込み、などに申し込みをすると、その申し込みをした情報というのも、信用情報に残ります。どこにいつ申し込みをしたか、などの情報が信用情報データベースに残るのですね。

      では、申し込みブラックとは??

      申し込みブラックとは、短期間のうちに3社以上(これも憶測です。はっきりとした情報ではありません。)の申し込みをすると、その情報によって申し込んだ業者側へ審査における悪影響を与えてしまうことです。審査の時に貸して側の業者はおそらく、「この人はすごいお金に困っている」というようなマイナスイメージをうけることでしょう。

      ただ、この申し込みブラックとはいうのは、業者側が審査の時にどう思うかなので、業者ごとに判断基準が異なります。3、4社に申し込みをしているけど、通してくれるところもあるでしょうし、ダメなところもあるでしょう。ですので、申し込みブラックというのはそもそも存在はしないのです。基準がないのですから。あくまで、危険信号というだけで、確実なものではないのです。短期間で何社へも申し込みをしたキチンとした理由があるなら、それを伝えるべきです。

      「どこかしら通ればいいや」という気持ちで
      むやみやたらに申し込むことは良くないです。

      個人の信用情報に登録されている申込情報は、大体3、4週間以内の申し込み履歴ですから、その所定期間をすぎれば消えていくとは思います。ただ、所定期間をすぎても残しておく信用情報機関もあるようなので、こればっかりはどれくらい間をあければいいのかは定かではありません。一ヶ月くらいしてから申し込むか、それでもダメなら半年くらい間をあける、とかして様子を見ながら申し込むなどをしたほうがいいかもしれませんね。

      どうしても申し込みを何社か同時にしたい人は

      個人の信用情報期間には、契約が成立したかどうかなどは載ってません。ですので、比較するために短期間に申し込みをしたい場合は、同日中に申し込むのが良いかもしれません。
      というのは、1社申し込んで2、3日あとに別の業者もう1社に申し込みをした場合だと、後者の業者は、信用情報を見た時に2、3日前に別の業者に申し込んでいることが把握できるので、「1社目の業者を落とされたのかもしれない」と思うでしょう。同日中であれば、「何社かを同時に検討していて、一番条件の良いところを選びたい」と言えば自然ですからね。

      何社も申し込みをする場合というのは、どこも審査が通らなくて、ヤケになって申し込んでしまうことが多いです。一度冷静になりましょう。

      オススメキャッシング業者一覧

      大手銀行系のカードローンから、中小消費者金融キャッシング、おまとめローン、過払い金、債務整理など、色々な業者が紹介されてます。

      スポンサーサイト

      0
        • 2013.12.25 Wednesday
        • -
        • 14:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック